May 2022

P1034800

個展しようかな、やっぱりまだいいかな・・・

忙しい山脈を越えて、ふっと暇になった頃にやってくる厄介な感情だ。
肌寒い日に、渓流を前にパンツ一丁でためらってる感じに近い。

わざわざ大変な時間のなかに身を投じるなぞ、どうかしてる。
もし人生の悟りを開けたら、そんなことする必要もないだろうに。

煩悩にまみれながら、今日もせこせこと絵具のチューブをにゅっ・・と。







2022-05-14

液晶タブレットは便利だけど、距離が近いゆえ、実は目がかなり疲れる。
だから古い板タブでずっと作業してる。でも今回、ご褒美で新調。

板タブとはいえ、上位機種は格段に進歩しとる。超繊細な描き心地。

仕事はどんどん増えていくだろうから、疲れないツールがいいよね。
左指でタッチパネル操作できるので、より直感的に早く描ける。

そのうち、目線とか脳波で描けるようになるのかな・・・

いや、アトリエの油絵具と筆でそのままデータ処理できるような、
デバイスレスの方向に進化すると、嬉しいなぁ・・・






P1034753

さあ、一筆ごとに乱れてヘンテコになっていくね。
・・・良いことだと、思う。

そういえば、若い頃は一筆ごとに整頓された絵になってた。不思議だね。

〜 〜 〜 〜 〜

左端になぜか突然現れた、肩身の狭そうな王さま。

すごく気に入ってる。






P1034720

妄想癖、が著しい。

ヨーロッパ5箇所で公演を済ませて、帰りの空港で一服してるとこまで。
ものすごく大変な道中だったけど、手応えも充分にあった・・・

とか、なんとか、アタマが遠くへ飛んでってる最中でも、筆は動いてる。


むしろ、アタマがどっか行ってる方が、筆がよく動くのかな。






2022-05-06

先日福岡で撮影してくれたスタッフに、固定の全景映像を送ってもらう。
今回の音に合わせて、アニメーションを編集保存しておこうと思ってね。

・・・と、編集の手が止まって、そのまま最後まで観入ってしまった。
「音語りの色」を客席目線で観るの、実は初めて。今更で恥かしながら。

_DSC0319'

ん〜、なんだろ・・・ものすっごくいい。(自画自賛)


どうしよう。いずれフランスとかで公演した方がよさそう。ドイツでも。
でも、今から何をどうすれば繋がっていくのか、まったく未踏の領域。

まあ・・・目標は、大きくてシンプルな方がいいよね。







P1034690

いくつか用事を済ませてから、しゅっとアトリエへ。

ん?おっさんの位置が違うな・・・と直感、ゆえに一から描き直し。
手も足の裏も絵具でベトベトだけど、絵描くのはやはり気持ち良い。

夕方、俄雨がさーっと降って、また夕陽が顔を出す。


そんな、静かな一日。