ecrire01

自分らしさ、という厄介なコトバがある。

残念ながら、僕は自分のことが未だによくわからない。
「らしさ」を意識すると、たぶんこんな感じで小さく収まっちゃう傾向。

それもまた、僕らしいとか言われそうだけど・・・


ecrire02

反対に、こんな感じの「らしさ」もあるね。
間抜けだけど、手は動いてる。どちらかと云えば、こっちに近いかな。


ん・・・

でも無心でいれたら、画家は1枚目の方だね。






P1023706

「人間の土地」は、濃密で読み応えがあった記憶がある。
ので、久しぶりにサンテックス。「戦う操縦士」うん・・・いいね。

仕事がないので、老人のように毎日絵を描いてる。

雲のような、草原のような、机上の静物のような・・・
そんな曖昧なものを求めてるので、これも危なっかしい。

複葉機でゆらゆらと低空飛行してるみたいだ。


右手だと逆に怖くなるから、左手で描いてる。






P1023689

アトリエの窓から見える景色は、平凡。正直あまりぱっとしない。
でも工事途中の崖と家をうまく切り取れば・・・なんとか絵になるかも。

まあ、絵にならないものを絵にするのが、元々好きだし。


P1023693

その奥で描いてるのは・・・なんだろ、気を抜いたら益々シュールに。
これも絵になるのかどうか、わからない。

途中までよかったなぁ、という消えた作品は山ほど。

いまだに、危なっかしい描き方を続けてる。






P1023665

コーカサス地方を歩いてる・・・
ような、トルストイの小説を読んでる。行ったことないけど、雄大な景色。

文章を受けて、ぱっと頭に浮かぶ情景って、どういう仕組みだろう。

はっと息を呑むような美しい女性・・・
むっと胸が詰まりそうな醜男・・・

なにかしら、頭に浮かんでくる。またそれも、人それぞれなんだろう。


僕は、描きながら情景が浮かんでくる。この仕組みも、全くわからない。






P1023639

もう一冊、アゴタ・クリストフを読んでから、トーマス・マンの長編。
そしてフランツ・カフカの短編を読み直して、今はモーパッサン。

コンビニ行くみたいに図書館。

気分的には、居酒屋に入って、隣の人の話にそっと聞き耳立てる感じ。
たぶん、誇張や嘘が混じってるホラ話もあるだろう・・・

でも、その話を聞いてる「今」は、実話なんだよね。

そのことに最近気付いたので、以来読書がクセになってる。
ん・・・絵も、似たような感じなのかな。






IMG_0748

お墓参りの帰り、葉山美術館へ立ち寄る。

今までよく観たことなかったけど、気になってた画家。
全然違うけど、なんか・・・似てるような変な気分。

前世この人だったんじゃない?と云われても、う〜ん・・・どうかな。
画家で生きたら、次は別の仕事に就きたくなるものじゃないか。

〜 〜 〜 〜 〜

子どもたちが、美術館を静かに楽しめるようになってる。すごい進歩だ。
長男が赤ん坊の時に入ったワイエス展では、30秒しか居れなかったし。

やはり晩年の頃の作品は、力が抜けてて、いいね・・・






P1023575

ゆっくり、じっくりの時間が続く。

目の前のモノを観て、そのまま、描く・・・
こんなこと、何年振りだろう。

静物画なんて、老寄りの描くものだ。などと若い時は乱暴に考えていた。

実際に目に見えてるものを、絵にする意味があるのかなと。

今描いてて、ちょっと違う気分に。

たぶん・・・意味はあまりないだろうね。
あと、年寄りではないけど、近づいてきてるのも否めない。

でも、なんか鍵がありそうな気がしている。






P1023565

最近は穏やかなので、アトリエで静かに絵具の研究。

ここに、この色を、このくらいのせる
すると・・・どうなるのか。ゆっくり何度も検証。

そんなモウロク博士のような時間が、どうも何故か心地良い。


薄水色ひとつとて、侮れん我儘な子のようで手に負えんよ、なぁ君・・・
後ろの助手は、ずっと困惑したまま佇んでいる。

そんな、老人博士。






Le troisieme mensonge

『悪童日記』から時間が経ったけど、『ふたりの証拠』『第三の嘘』
アゴタ・クリストフをじっくり読む。

三部作になっているのだけど、これがまた実に不思議な繋がり方。
設計図や計算からは出てこない、なにか独特の凄みがある。


ここからはとても遠い出来事なのに、近くで匂いまで嗅いだような気分。
クラウスの苦しみを側で見てて、目が潤んできたりもする。

読書って、なんか・・・不思議な行為だよね。







P1023554

 酔うてこほろぎと寝てゐたよ

種田山頭火の句を読みながら、アトリエで絵具をいじる。
どうしようもない私、と自分で記すほどに、やはりそうなんだろう。
私生活は破綻し、物乞いの人生を歩んでいく。


 たたずめば風わたる空のとほくとほく


なんだろ・・・こっちが困るくらい、澄んでる。
おかげで、ホワイト絵具しか使えなかった始末。参ったね。

心が澄むことと、実社会に適応していくことと。
どうか同じベクトルにならないものか、と。






2021-10-30

毎年、絵本を作るくらいの労力を注いでいる、この作業。
でも今回は、泥沼から上がってきて、もう温泉に浸かってるような気分。

足を揉んだり、手拭いを頭にのせたり。湯気と遠くの山霧を眺めたり。
涼しい秋風が吹くので、ずっと描いていられる。

このまま、つい再来年のぶんまで作っちゃいそうだ。

〜 〜 〜 〜 〜

・・・そろそろ上がって、ビールでも飲もう。






P1023517

あい・ぽーとの来年のカレンダー作り。
これを楽しみにしてる人が多いので、ラフスケッチから気合いを入れる。

力を抜いたまま、力を入れる・・・
ややこしいけど、そんな感じで。

来月のイベントで配布するので、これも納期がギリギリだ。

急がないようにして、急ぐ。

禅問答か。





P1023503

はたけやま裕さんのレコ発ライブ当日。2回延期になった大切なライブだ。

アニメーションは夜中2時過ぎに完成。もう信じ難い遅延と速さだった。
スタッフと知恵と道具を駆使して投影。映像は10曲もある。今回の軸だね。


P1023502

床にペタンと座って深呼吸・・・音楽と表現の流れに寄り添う。
新調したMIDI端子、サブPCとスウィッチャーも見事に機能してくれる。

久しぶりに緊張感のある舞台のおかげで、心がじ〜んと温かくなってきた。
もし走馬灯があるとしたら、きっと記される場面かも。無事に全演目終了。

・・・深い安堵感。支えてくれる人たちへの感謝の気持ち。

そんなぐるんぐるんの状態のまま、帰りの電車。しばし、うたた寝。







jigoku

今回はもう無理だ、と諦めかけてたけど、やっぱりやろうと思った。
いろんな人の手助けのもと、改めて仕事に集中。

イラストとデザインを終わらせてから、アニメーション製作へ戻る。
まあ、よりによって地獄の世界というね。平穏が欲しい時に・・・

でも逆にアリなのかなと。いっそ飛び込もう。
ライブまでの時間が笑っちゃうくらい無いので、どしどし進める。

もう余計なことは、考えない。






P1023451

迷ったり心労が溜まった時は、絵の前に立つと回復したりする。
どういう仕組みなんだろう。絵描きの特異体質かも知れない。

でも、どうにもならない時は、ならないね。

なるようにしか、ならない。