Jul 2018

IMG_0486

夕方、下北沢へのタイ料理店へ行って、裕さんと打ち合わせ。
さっきまで外苑前です、神輿作り帰りですね。と言ったら爆笑される。

このアサラト、音出さないための毛糸カバー。とてもキレイ。

次のライブは、アニメーションの尺もウェイトもかなり大きいので、綿密に意見交換。
8月後半は、この作業にどっぷり缶詰状態になるでしょう。

でも、前からやりたかった主題だし、どんなものが出来るか楽しみだ。






IMG_0478

丸の内・KIDS JAMBOREEの打ち合わせの後、残って黙々と神輿作り。
神輿って、作ったことないなぁ・・・

施設に余ってる素材だけで作る上げるのが、粋。
ああでもないこうでもないと試行錯誤。

3時間後、駕籠のような、海の家のような、不思議な神輿が完成。
わりと気に入ってる。






P1240163

う〜〜ん・・・今日は全然スイッチが入らないな。

困った。

うだるような暑さの前に、電源を抜かれた画家ひとり。
基礎体温が50度くらいになったら、きっと涼しく感じるんだろうな。

そんなことを考えてるうちに、ひぐらしの声。






P1240151

今日は水戸芸術館へ。暑い日差しがたまらん。

先日のワークショップで作った魚を、5枚の布に配置してデコレーション。
子ども達の魚が多くて多くて、全く乗り切らない。う〜ん・・・(笑)

日も沈んだ頃、魚の配置と下地塗りを終える。立ったりしゃがんだりを延々したので、膝と腰がガクガク。
後の設置はスタッフさん達にお任せして、そのまま帰路につく。






P1240118

全4公演も無事に終わり、ロビーで役者さん達のファンサービス。大人気だ。

僕は映像を担当しつつ、準備から本番までずっと演出家さんの傍にいた。
数多の問題やアクシデントを、どのようにバランスを保ちながら全部束ねていくか、ずっと見てた。

今回の演目の内容も、演出の手が入ると、作品が格段に良くなるし。

いやいや、勉強になりました・・・





IMG_0437

ある演目のワンシーンに、追加でピンスポットが必要になったので、僕がやることに。
操作ブースより更に上の映写室から、動かしながら光を打つ。

演出家さんが、即席で針金の照準器を作ってくれる。
本番、客席後ろの上部から役者に狙いを定めてタイミングを待つ・・・弾は1発のみ。
大統領を暗殺しようとするスナイパーみたいだ。

無事に遂行。
ああ・・・ドキドキして面白かった。






P1240106

今日は本番2ステージ。役者さん達の動きもピッタリ。
それぞれの演目もお客にとても反応が良くて、こっちも嬉しくなる。裏方冥利に尽きます。

しかし、タイの室内冷房って凄まじい。
長袖2枚着て、ブースでぎゅっと固まってる始末。





P1240083

プロジェクターのリア打ちが出来ないと、いう条件のなか
照明とのバランスでなんとか見れる形にもっていく。

半透明の影って、意外と幻想的。舞台ならではの良さが出た。これは新しい発見。

リハーサルを行う。パントマイム役者さん達のひとつひとつの作品が、
これまたバラエティーに富んで、実に面白い・・・

これから本番です。





p12400800027

影絵アニメーションを投影する布の設置。14mx7mの大きな画角。振り落としも仕込んである。
アニメーションもリアルタイムでタイミング調整できるように、構成し直す。

横目で見てると、やはり照明がかなり大変そう・・・通訳挟みながらずっと悪戦苦闘している模様。

皆、夜11時の閉館時間まで作業。
果たして本番に間に合うかしら・・・・





p1240078

出演者全員で、オープニングの影絵アニメーションの練習。
果たして上手くいくかわからないけど、一から稽古。

でも、皆で一所懸命なにかをやる姿って、いい。





p1240069

バンコクのAKSRA劇場で、下見と打ち合わせ。
ここ、大きくて立派・・・まるで博物館みたい。

タイのスタッフ、皆さんおっとりしてて、ゆえにいろいろ問題が。
常識が違うのもあるから、そう一筋縄ではいかないのね。

これは明日からの仕込み、大変そうだ。