P1240621

銅板の腐食時間をたっぷり取ることにした。20分以上。
インクを拭き取る段階で、絵の印象が大分変わってくるので、布も大事。

10作品目くらいになって、だんだん仕組みがわかってきた。

でも良い絵を描くのがいちばん大事、というところは、やはり一緒。

さてさて・・・







IMG_0921

あい・ぽーと麹町で、クリスマスコンサート。
今回の音楽絵本は、親子の食いつきがいいですね。泣く子もいなくて、じっくり観てもらえた。
プレゼントのカレンダーも間に合ったし、ホッと一安心。

・ ・ ・ ・ ・

帰りの電車はまったり。音楽を聴きながら全く別の構想を練る。空想や妄想が得意なのだ。
アトリエでまた、どっさりと広げよう。








P1240606

銅版画を、堪能している。もちろん難しい。
次から次へと描いては刷りながら、ニコニコ頷いたり首を捻ったり。

油彩画、イラスト、アニメーション、音楽絵本、銅版画・・・
それぞれ容器が違う。ものの伝わり方が。
ここ鈍感だと、もうアウトなので。敏感に厳密に。

う〜ん・・・







P1240603

プレス機が到着。とにかく重たい。そこが実にたまらない。

何事も手探りでやるのが、僕のクセ。画材屋の店員がくれた1枚の説明書をたよりに研究。
銅板にグランドを敷いて、ニードルで絵を描き、腐食液に浸ける。その溝にインクを塗り込む。

引っ掻いて描くのって、筆と全然違う。不自由なのでおもしろい。

ローラーをゆっくり回して刷り上げると、完成。
・・・なーるほど。







P1240587

小倉・井筒屋のギャラリーで個展。広くてキレイに展示してもらっていた。
何から何まで、本当に有難く感謝です。

でも・・・やはりデパートには僕の絵が合わない気がする。
今年は静岡と2回もやって頂いたけど、直感でそう感じる。
オーナーにも正直に伝えて、いろいろと今後のことを話し合う。


IMG_0892

最終日の夕方「ではそろそろ帰ります、お世話になりまし・・」という頃合いにモデルさんがサプライズ来場。
これは、嬉しかったですね。







P1240583

過去のデッサンやメモから、油彩に起こし始めてる。
デパートなどの企画展示だと、採用されないタイプですね。まあ、いいや。

そのうち別の流れが来たら、ス〜ッと身を委ねればいいし。あれこれ考えない。

描く時は、あれこれ考えない。








P1240578

模造紙に、ふとした出来心で。
こういう新聞を、もしサラリーマンが電車で読んでたら、素敵だなと。

月刊象さん。

過去に紙に描いた作品を探してごそごそしてたら、使えそうな素材がごっそり。
切り貼りして、コラージュ。

コラージュって性に合ってる気がする。
これからやろうとしてる版画も、この路線なんだろうな。








P1240577

アトリエの使わない台所を改造。
近所のホームセンターで木材を買ってきて、トンテンカンテン。

材料とお金に無駄を出さないのが粋。端切れ材をまとめると片手に収まる程度しか。逆にひく。
寸法も目測でぴったりじゃないか。

ここは横長の作業台に。来月には小型プレス機がどんっと届くので、
これから版画をいっぱい作ります。







2018-11-19

カレンダーデザインもようやく目処が立ってきた。いつも紆余曲折しますね。

何気なくグリム童話。でもそのままじゃアレなので、ああだこうだやってると、ふと女の子が出てきた。
童話の中を旅する女の子。来年の音楽絵本はこの流れになるのかも知れない。

でも流れって、わからない。流れていくもの。







P1240554

東京から戻り、夜のアトリエ。
朝塗ったワニスはもう乾いてる。サインも入れた。今回はなんかイエローオレンジ系が多いね。

21時にギャラリーのオーナーが来て、作品選びと梱包。そして搬出。

絵達がいなくなったアトリエは、急にガランとする。

〜 〜 〜 〜 〜

珈琲と煙草をくゆらし、静かにため息。
・・・眠い。






P1240560

久しぶりに東京へ。あい・ぽーとにて、新作音楽絵本の初回練習。

作る4人のバランスがいい。お互いに出し合う指示が実に簡潔で的確。まあ、12作目だもの。
絵もその場で補修と追加ができるようになった。これは大きな進歩。

あっという間に3時間経ってしまった。







P1240535

アトリエにて、夜通し缶詰め。

いたずらに枚数は増やさないつもりけど、お任せ企画なので枚数は多く準備しておいた方がいい。
ストレッチしたり身体を動かしながら、コツコツと。

夜はとても静かだ。