P1250528

朝から快晴。空も透き通っている。
アトリエは風がひゅーひゅー吹き抜ける。

ラジオなどで、識者や文化人が話してることを聞きながら、筆を動かす。
社会のなかで何が価値なのか、それこそ刻一刻と移り変わってるんだな・・・と。

100年前は絵画鑑賞ってイケてる行為だったでしょう。廃れて久しい。
映画鑑賞でさえ遠のいていってる昨今。スマホもいつまで続くか。

目の前の120号キャンバスは、もはや壮大なアンティーク。
描きながら笑いが止まらん。








P1250531

このところ家にいる時は、ずっと挿絵のラフ。こつこつと。

外は雨。ザーザー降ってる。
挿絵って、雨の日にかなり捗る。諦められるというか。

諦めると、すごく楽しい作業。







P1250515

昔、学校のテスト中。先生が「はい、あと10分だぞー。出来るところから解いてけよー」
その何気ないフレーズが、いつも頭をよぎる。

この絵は・・・今じゃないな。この挿絵は、今ちょっと思いつかないな。
こっちの絵は、うん違う違う、今はムリ・・・

何も進展のないまま夜が明けたりして、愕然。よくあること。

でも、今朝はこの絵が解けた。
あと5時間くらいあれば、答えが出せるでしょう。







P1250491

絵を描いてるって、やはりどうかしてると思う。

仕事や展示予定があるならまだしも、手ぶらで描き進めるのは、純粋に可笑しいと思う。
20年以上続けてきて、いまさらだけど。

いいオトナが、目細めて、腕組みして唸ったりしてる。

可笑しいよ。







P1250458

写真スタジオにて、絵画の嫁入り。
僕の大好きな方々と空間なので、親としてこれ以上の喜びはない。

去年嫁いだ子も、気持ち良さそうに壁で暮らしている。

珈琲をいただきながら、ゆっくりお話。
ここ住みたいわ・・・







P1250453

筆についた絵具を拭うとき、揮発性油になじませてからトントンとする。

しかし僕の場合、別のキャンバス上でトントンやってしまう。
こんな絵画指導は絶対ないと思うのだけど。密かに薦める。

この何気ない無垢な色染みが、後々、その作品を助けてくれたりする。

洗いながら、描く。ちょっとした偶然も仲間に。








P1250438

スプリングコンサート2回目も無事に終了。
もうスタッフとチームワークが出来上がってるので、準備から片付けまで実にスムーズ。

たくさんの親子連れが楽しんでくれたようで、ひと安心。

しかし、今日は外が暑かった・・・
サマーコンサートですね。







P1250430

100号のスクエアサイズ、それからP120号、さらにF130号を2枚。
さすがにこのアトリエも、アトリエらしくなってきた。

身体より大きい画布って、それ以上になにか大きい。

画家の修行です。







P1250417

グレイって、よく使う色。
描いてる途上で行方を見失っている時、明るいグレイでふっと目を休める。

灰色を使いなさい、という絵画指導は、おそらく誰もしないと思うけどね。
僕は薦める。

実は、とても優しい色なのです。





 

P1250410

デパートの個展会場へ。
搬入から展示まで何から何までしてもらい、スタッフさん達も協力的で、毎度頭が下がります。

でも・・・

やっぱり僕の描いた絵たちは、敷居の高いデパート空間の中で、うつむいてしまってる。
この子たちの無邪気な笑顔が見たい、と思うのは親心。

そろそろ、5年振りかな。また自分の個展を企画してみよう。








IMG_1152

水彩で絵葉書をつらつらと描き、郵便局で投函してからアトリエへ。
外の日射しが暑い暑い・・・クラクラと頭が痛くなったので、少し昼寝。熱に弱い生き物なので。

起きるとスッキリ。
大きいのも小さいのも、何も考えずに、静かに絵具をのせていく。

ココロが静かな時の方が、大胆に描けることが多い。
やっぱり寝起きがいちばん。







B3'

うっかりしておりましたっ。
明日から、伊勢丹浦和で個展が開催されます。(作品は静岡と小倉で展示したものがメインとなります)

完成した例のART BOOKも販売いたします!お近くの方はぜひ!

私は土曜日と日曜日に顔を出します。