legrandcahier

電車のなかは、ヒマなので読書。
ハンガリーにいこう。アゴタ・クリストフの悪童日記。

ナチス・ドイツ後すぐスターリン・ロシア。地理的にやってらんない国だ。
シュールで残酷で、でも涼しく乾いてて、ユーモアが散りばめられてる。


章終わりでふ〜っと一息ついて顔を上げると、ちょうど降りる駅。
毎回なんだろ、この能力は。

あとこの女中、ちょっとエロくていい。







P1012222

Wenn ich wüsste, dass morgen die Welt unterginge,
würde ich heute noch ein Apfelbäumchen pflanzen.

たとえ明日、世界が滅びるとしても
今日、わたしは林檎の苗を植える 
〜 マルティン・ルター


ちょっと、どうかしてる感覚だけど、昔から好きな言葉。
もし明日世界が滅びるなら一体何しようかなと、真剣に想像してみる・・・

うん、たぶんアトリエで絵描いてから、家に帰って酒飲んで旨い食事して、
あとは本読んだり、日記更新かな。


・・・いつもと一緒じゃんか。







P1012217

絵画保管棚を変形させて、作業台に。初の高い平置きタイプ。

立てて描くのと平置きにして描くのと、同じようでも気分が変わる。
ナイフで塗るのとヘラで塗るのも、同じなんだけどなんか微妙に違う。

ほんの些細な違い、でもそれが積み重なっていくと、

・・・まるで見違えるような絵に。
とはさすがにならない。そこがまた不思議なんだけどさ。


まあいいじゃない、描き方いろいろ変えても。






P1012208

アトリエをざっと整理して、個展に向けてやり始めようと。

いま興味あることって、なんだろう・・・
自分にはもう興味ないのだ(笑)

やっぱり、土地と人かな。

45年を振り返っても、かなりの累積と取りこぼしがあるはず。
つうか、取りこぼしだらけね。消えかすむ走馬灯のよう。

それから文学のなかで見えた人々と風景も、いっぱいあるし。


あ・・・コレ厄介なことに足突っ込んだかも。






t-shirt'

クラウドファンディングのプレゼレントを考えてるのだけど・・・
質良く発注生産すると、全体でたぶんアカになりそう。

ここらへんが難しいところ。

しかしアイデアは、ぽんぽん出てくる。制約が厳しいからかな。
人間の不思議なところだ。

エコバッグはどうするか。手作業になるとキツイよな・・・
などと文句を言いつつも、口元はニヤけてたり。

人間って不思議。






P1012180

夕方、少しだけアトリエに。
頭からっぽにして、トントンと絵具を置いていく。

からっぽなのが、いい。

生活してると、知らずいろいろと溜まってくるからね。
垢落としをしないとさ。


待て、絵は垢なのか・・・







P1012160

パントマイム仲間達の動画配信に顔を出す。アニメーションも間に合う。
楽しい時間はあっという間。皆なんとか生きていることが、嬉しい。


帰りの終電は、仕方なく読書。

ショーロホフの短編を読みながら、心がじんわり温かくなる。
厳しくツラくもさっぱりしてて、そして力強い。

感動してるのに、いつの間にが寝てしまうワタクシ・・・
あっ、と飛び起きたら、ちょうど降りる駅。

すごい。渡り鳥みたいな能力。







scene02'_1

アニメーションって、没頭すると面白いのだけど、
根本的に面倒臭くてシンドイから、まず普段はやらない。

正直なわたくし。

発酵させてる、という言葉を使って、まあいろいろ後回しにしている。
そんな人生。

これまた、長らく発酵させてたので、ゆえに今日は徹夜だな・・・







IMG_4997

今年のサンタの贈り物は、ウクライナの木製玩具。
接着剤なしだからまあ、簡単だろう・・・と思ってた僕が甘かった。

さすがは欧州。知らず日本でぬるま湯に浸かってた我が身を省みる。
子ども向けと謳いつつも、本棚が作れるくらいのDIY技量と握力40は必要。


P1012159

娘のバレリーナのオルゴールと、次男のモーゼル拳銃は作ってあげた。
ベレッタは次男が、オルゴールロボットは長男が、独りで完成させる。
気づけば、もう夜の8時。

なんか、よくわからんけど・・・やり遂げたクリスマス。








P1012143

ザミャーチンの小説を読んでて、あっ・・・と思った。
僕が20歳の頃に大好きだった現代小説が、これにモロそっくりだった。

若い時はいろんなことが、よくわからなかった。
若い時に傾倒した画家の絵も、今では何とも思わなかったりするし。

でも不思議なことに・・・
20代の頃の記憶が、最近になって鮮明に跳ね返ってくる。


そろそろ、芯から良い絵を、描きたいのかも。






thum04

あい・ぽーとに行けない親子さん達用に、クリスマスの音楽絵本を。▶︎
あい・ぽーとって何?という親子さんもぜひ。

オトナは・・・
見なくてもいい。

オトナは、ウイスキーを片手にソビエトの小説を。






P1012131

今年の年末の里帰りは、やっぱり止めとこうとなり、
両親へ恒例の手描きカレンダーを渡すため、急いで作る。

このヨレヨレの数字羅列は、手描きならではの味。
AIには複雑で到底無理だろう、とタカを括りながらも、
いや、でも最近は技術が凄いからなぁ・・・と。

スパコン→富嶽→京→2位→蓮舫・・・
と描きながら連想してたら、あっ11月の曜日がごっそりズレとる。

もしそれでもよければ、個人でお使いください。

(2021年カレンダー:フランスの記憶)







P1012059

東京の歯医者へ、定期クリーニング。虫歯なし。

そのついでに、あい・ぽーとのクリスマスコンサートの様子を覗きに行く。
今年は客数をぐ〜っと減らして、15組のみ。それを6日間。
だから、音楽絵本は編集した動画を流すカタチ。

ホントは、生の演奏と語りでやりたいけどね・・・

でも、楽しみにしてるお母さん達の声が聞けて、ホントに嬉しかった。
カレンダーも何気に、心待ちにしてる人が多くて、ビビる。


ちなみに、今日の歯科衛生士は、今までで最上級の腕だった。
もし僕が王さまだったら、すぐ側近に置くね。

シルクの前掛けに、大理石の椅子。
白い象と孔雀の扇が揺れるなか、フロスをしてもらう僕。

デンタル・ファラオ。






P1012049

色彩のチョイスは、気まぐれ。
でもこのところアトリエは、図らずも黄色とオレンジ系に染まってる。

世の中がずっとヘンなので、その反作用なのかな・・・


じ〜っと無言で眺めながら、暖色の絵具をトントンのせていく。
窓の遠くで、犬がオンオンと吠える。
そしてまた、じ〜っと腕組み・・・

悠久の時、じじい時間。
でも、心はアムステルダムに行ってしまってる。


こっちの方が、ヘンか。





P1012038

家電量販店に入る時、モニターに自分の姿。自動的に体温を検知される。
坊主頭のところに【36.1℃】をくっつけて、歩いてる。

なんか、値札みたいだ。

そのうち技術も進歩していって、
【カモハラ ゲン】【44歳・男性】【職業:画家】【昼食:担々麺】
いろいろと情報が一瞬で検知されるのだろう。

頭に【夕食:水炊き(予定)】と表示されるようになってきたら、焦る。
コントロールされて、たまるか。


個展したくなってきたので、また弘重ギャラリーに予約。
5月半ば・・・ちょっと先だね。でもまあ、すぐでしょう。