IMG_1284

どちらも道半ばで、急角度で方向転換してる。
どうしていつも道を変更しちゃうのか、僕自身もわからない。

若い頃、独りで旅ばかりしてた時は、知らない町でよく道に迷ってた。
目的地を決めずに、ただくねくね歩き回るからだ。

日が沈む頃に、ようやくホテル近くの見覚えある道に出ると「やった・・・」と安堵に浸る。

なにも、やってないんだけどね。







IMG_1282

ひょうたんにはんだごて。

平仮名だけだと腑抜けな感じに。瓢箪に半田鏝・・・これはなかなか読めない。

とおいともだちがのこしていったひょうたんに、えをかいてあそぶ。
ひょうたんってつるっとしてるようで、じつはかすかなおうとつがある。
やきいろがてんてんとつくのだ。それもまたいいあじになる。


ウイスキーとか少し入れて、首からブラ下げたらカッコイイかも。






P1250862

新しい音楽絵本のストーリーを片隅で考えながら・・・
個展の絵もそうだけど、同じようなことをまたやる事について。

噺家さんが同じ話をするように、人間の求めるものって大概「ベタ」なのではないかと。これは寝耳に水。
今まで求めてた新しいものってなんだろう・・・実はそんなもの自体無いんじゃないかしら・・・

と、繊細なようでどうでもいいようなことを、云々考えながら。


P1250863

部屋に帰ったら、福音館書店からどんっと新刊が届いていた。
そうだった・・・。今日から全国書店の児童書コーナーで発売されております。是非〜!







oldpaper01

ずっと前から気になってた、奇妙な図説を買う。
19世紀の発明家たちの挿絵なのだけど、どの頁もみんな髭面で全力だ。

身内にこういうヒトがいたら、きっと暑苦しいだろうな・・・

好きだけど。







P1250859

麹町へ行って、2階トイレの破れた壁紙の補修。
もちろん絵具で補修。ウッドペーパーを貼って塞いだり。

灰色一色よりは、こうした方が楽しいでしょう。

作業中、赤ん坊のオムツ替えは何てことないけど、お母さん個人でもワリと入ってくる。
「わあ、キレイですねー」とか声かけてくれるけど、至極肩身が狭いこの状況・・・

帰りの電車も超満員。目の前の女性にどうしても身体が密着してしまう。逆に踏ん張って足がつりそう。

こういうことにかなり気を浪費してしまう、小さな画家。







IMG_1266

またいろいろと重なってくるまえに、たくさん絵を描いておこう。
涼しくなってきたし、ちょうどいい。

描きたいものや画家の野望なんて、もはや何ひとつ無いけれど、
今自分にできることは何か、は随分明確にわかるようになってきたと思う。

時間のある時に、それをひたすらやっていく。
それだけで充分だろよい。







P1250820

剥製や骸骨が置いてあるどうかしてる素敵な本屋で、ふと見つけて読みふける。
南方熊楠は、智の巨人。文章も次から次へと、フリージャズのよう。こっちが追っつかない。

僕は知識が乏しいなりに、曲解や妄想は得意なので、つらつらと。

難しい語彙を辞書で調べてると、ムラムラしてくるのが良い。
ウェブはもの凄く便利だけど、どうも萎えるね。

やはり、焦らしと肌触り。







P1250814

恵比寿の弘重ギャラリーに行って、個展の予約を確定してきた。
12月に
Bunkamuraでの個展が入ったので、少し伸ばして3月にしてもらった。

自分から企画するのは、かれこれ5年振りくらい。
3つの空間をどのように作り込もうか、アトレの屋上でじっくりと考え始める。

この感覚、本当に久しぶり。







9-20

ヤマハホールライブ当日。
寝ずに作り続けたものの、行きの電車の中で、どうしてもあと2カット必要だと感じる。
絵画素材はもうあるので、楽屋に着くなり動画作成・構成。なんとか本番に間に合う。

裕さんのプレイヤーとしての力は、あえて言う必要もないくらい高いけど、
総合芸術の才覚もまた素晴らしいと思う。フツーはこんなできません。

観に来てくれた方々に、心から感謝。


P1250748

根気詰めた本番の後って、いつも寝れないので、そのままアトリエへ。
静かに120号をペタペタ描きながら過ごす。落ち着く。

お土産に頂いたお酒を飲みながら。ペタペタ・・・








_1250732

連日連夜の作業に、目と脳がしょぼしょぼしてる。

レンダリングの待ち時間に、こうゴロンっと横になると、そのままうっかり寝てしまう。
朝目覚めると頭がスッキリするけど、逆に冷汗がどっと出てくる。

この絵は、ずっとそういう葛藤を眺めてきたね。
眺めてるのはこっちだけど、常に見られてます。








2019-09-07

初台のスタジオにて、ミュージシャンのリハーサル。
星の王子さま用の楽曲を、編曲。きっと原石がいいのでしょう、素晴らしく広がりのある音に。

はたけやま裕さん、
keikoさん、鳥越啓介さん
このトリオは、底抜けにすごい。

アニメーション作りは大変だけど、更にスイッチが入りました。
20日の本番まで全てを注ごう・・・






P1250679

最終日は名古屋へ。暑い・・・名古屋。

会場にて音出し・リハーサルを入念に。そして入念に。
バイオリンの巨匠・古澤さんも参加してのセッション。やはり本番はオーラが漂いますね。

会場で打ち上げをして、ホテルに戻るともう真夜中。
この3日間、機械的なトラブルもなく無事に遂行することができて、ホッと一安心・・・

部屋で独り、ウイスキー小瓶で乾杯。






_1250675'

2日目は大阪へ移動して、Mister Kelly's にて。
エンジニアの方が素晴らしくて、音が抜群に良い。

客に近い位置で作業できたので、じっくりと演奏を感じることができた。

このおふたり、本当にすごいな・・・と改めて思いました。






_1250664

はたけやま裕さんとkeikoさんとで、銀河鉄道の夜ライブツアー。
初日は岐阜の光宗寺にて。

お寺って僕は初めてだけど、音響が意外と良いんですね。
開放的な空間で、とても気持ちよく投影ができた。

打ち上げはそのまま屋外で
BBQ。鮎やら牛タンやら高級日本酒やら、次から次へと。

翌日の昼は鰻までご馳走になる。頭が下がります。






2019-08-29

尺は短いけど、お気に入りのカットが出来た。

髪とスカーフは滑らかに動かすより、コマ描きでざらっとした方が、風の雰囲気がでるね。
表現に四苦八苦してるけど、たまに小さな宝物に出会える。

まだまだ頂上は雲の上。一歩一歩。こつこつ・・・

しかし・・・この気温、下がってくれぬか。