P1240554

東京から戻り、夜のアトリエ。
朝塗ったワニスはもう乾いてる。サインも入れた。今回はなんかイエローオレンジ系が多いね。

21時にギャラリーのオーナーが来て、作品選びと梱包。そして搬出。

絵達がいなくなったアトリエは、急にガランとする。

〜 〜 〜 〜 〜

珈琲と煙草をくゆらし、静かにため息。
・・・眠い。






P1240560

久しぶりに東京へ。あい・ぽーとにて、新作音楽絵本の初回練習。

作る4人のバランスがいい。お互いに出し合う指示が実に簡潔で的確。まあ、12作目だもの。
絵もその場で補修と追加ができるようになった。これは大きな進歩。

あっという間に3時間経ってしまった。







P1240535

アトリエにて、夜通し缶詰め。

いたずらに枚数は増やさないつもりけど、お任せ企画なので枚数は多く準備しておいた方がいい。
ストレッチしたり身体を動かしながら、コツコツと。

夜はとても静かだ。







P1240480

ここにきて、ボルト氏。初登場。
そらで描いたけど、お尻がワリとうまくいった。

左のは、遠い昔のトルコかモロッコで見た犬。

いまだに2畳くらいのスペースにしゃがんで作業してて、笑える。







P1240467

朝からしとしと雨の降る火曜日。
イーゼルをごそごそ隅っこに移動。今日はどうも内省的な気分。

うずくまって、時計修理工のようにコツコツコツコツ・・・
雨音だけが、聞こえている。

洞穴日和。



P1240476

穴では、わりと明るい絵を描いてたりする。








P1240439

1日挟んで、壁画の続き。
細かく全体に筆入れ。地味で時間かかるけど、大事。近づいて見ても楽しめるように。

いい天気だけど、日陰は肌寒いね。鼻水がとまらん。
5筆入れて1鼻ティッシュ、という描き方。お昼過ぎに完成。

3人でランチをご馳走になる。






P1240427

樹ガーデンにて、恒例の壁画の衣替え。

いろいろ忙しいから、今回は街の屋根を暖色にして秋冬っぽくして、まあ2時間くらいで終わろうと。
すると、後ろから嫁さんのつぶやき。

「なんか、その街の絵・・・飽きた」

さあ、大変です。大手術というか、もう全く新しい絵を描く流れに。


P1240436

全開で描き続けたけど、とうとう閉店の時間。やはり終わらなかった。
この壁質は、前の色跡を消すのにホワイト絵具を4,5回重ね塗りしてます。体育会系ペインティング。

続きはまた後日にしましょう。







P1240421

むかーし、パリで2回目の個展の時。
シャープな絵を描くゲイの画家が、つかつか近寄って来て、僕に言う。

「君は、キャンバスを床に置いて描いた方がいいね」

意味がよくわからなかったけど、それからよく四つん這いになって描いたものだ。
ここしばらくアトリエも狭かったし、ずっとやってなかったのをふと思い出して、久しぶりに・・・

うん、この感じ・・・いいね。部屋が汚れるし、心が軽くなる。






IMG_0851

夜、ギャラリーのオーナーがアトリエに来て、個展の打ち合わせ。
絵を眺めながら、いろいろと話す。

なにかを企画して催すのって、漁師と海と魚に例えるとしっくりくる。

同世代だし付き合いも長いので、つい深く喋ってしまう。
少し言い過ぎたかもしれない。でも心からのアドバイスだし、真に同感してくれた。

とりあえず、今回はこのまま作品つくりに専念しましょう。







2018-10-24

液晶タブレットで次から次へと。どんどん。
でも肩こりと目の疲れが、ペンタブの半分以下になったね。とても助かります。

にしても、音楽絵本作りってホントに時間かかるなぁ・・・


2018-10-24'

夕方、ようやく完成・・・。
アイデア1にレンガ積み9、労力比率は大体そんな感じかな。

今夜はウイスキーいっぱい飲も。







P1240388

昼はなるべくアトリエで過ごすようにしている
筆が進まなくても、じっとこの空間にいる。なんか、使わないと勿体ないからね。

窓辺からは、車や人が橋を渡ってるのが見える。遠くで工事もしている。鳶がすーっと飛んでいったり。
そして、また描きかけの作品群に目を戻す。

少し描いては立ち止まり、じーっ・・・となにかを待っていたり。

窓の外はもう暗くなっている。






P1240383

今日は日帰りで水戸芸術館へ行き「ねこはしる」を観劇。

とても素晴らしく、思わず涙腺がじわり・・・。KAKUTAのみなさんに大きな拍手。
音楽監督の扇谷研人さんと花れんさんも、これまた実に素晴らしい。

ほんの少しだけど、絵でお手伝いできたことが嬉しい。
缶バッジもこんなにたくさん。