image

銀座ヤマハホールにて、来月のライブの打ち合わせ。これから一気にアニメーション作っていきます。
まだまだ空席があるみたい。この時しか観れない企画なので、勿体ないね。ぜひお越しください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はたけやま 裕 銀座ヤマハホールライブ
2019
920日(金)OPEN18:30 START19:00
前売り:5,500円/当日:6,000円 (25歳以下 学生限定:2,000円)

はたけやま 裕:percussion
加藤 登紀子:vocal・語り
keiko
piano
鳥越 啓介:bass
蒲原 元:animation

<チケットご予約>
事務局:info@youhatakeyama-fanclub.jp
ローソンチケット:Lコード(76601)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





P1250621

朝から準備して、本番。
午前午後と合わせて、千人以上の親子さん達に観てもらった。

このホールB7は音響が良くて、三重奏の音がとても気持ちいい。
プロジェクターもくっきり鮮やかで、画像作者としてこれ以上の喜びはありません。

長い準備に骨が折れるのだけど、終わるとまたやりたくなるのが・・・不思議。






P1250617

東京国際フォーラムにて、KIDS JAMBOREEの前日仕込み。
もう13回目なんですね。スタッフも増えて、今や大勢で動く企画に。

今回は虫の王様が、進行上かなりおしゃべりをする。
映像投影を片手にSEを入れたりセリフを言ったりするので、終始ドキドキだ。

リハも滞りなく終了。明日は本番、寝坊しないことを願いつつ。






P1250611

裕さんから各章ごと新曲のサンプルが送られてきた。自由な感じがとてもいい・・・
絵も流れるような自由さをキープしたいね。動かす前にもっと沢山出そう。

オトナの不可解な滑稽さを上手く捉えてるのが、この物語の優れたところ。

社会に属しながら少年の目を保ち続けるのって、シンドイことですから。
改めて作者に敬意。







petit2

星を数えて所有してお金にして、そのお金でまた星を所有して・・・
煙草に火をつけるヒマさえない


petit3

呑む自分が恥ずかしくて、その恥ずかしさを忘れるために、また呑んで・・・

〜 〜 〜 〜 〜

このふたりは、ちょっと似た考え方をしてるな・・・
と少年は思いました。







P1250591

なんだこれは・・・

夏の仕事山脈、大きな山であるアニメーションに着手。今日から本始動(笑)
細かく描きたいので、実はブレゲ14型複葉機のプラモデルをネットで取り寄せてたのだ。

手揉みして開封してみると・・・おおっ、これはヒドイ。
お婆さんがケーキの型で無理矢理こさえたような代物。型と部品の区別がほぼ無い。30分頑張った後の写真がこれ。
人類史上初のプラモですか・・・

面白いなぁ。

リアルな細部がなにひとつわからない。これは、演出をガラッと変えよう。
これで燃えてくる自分も、面白い。







2019-08-06

建築関係の会社ウェブサイトをデザイン。
こういう図面の幾何学模様と、油彩画の組み合わせって面白いな・・・

扇風機を回した仕事部屋で、汗流しながらコツコツ。

とりあえず子ども達がいないうちに、片っ端から。
案の定、捗りますね。







2019-07-27''

今年も、丸の内キッズジャンボリーの準備に大いそがし。
虫がテーマなので、いろんなものをたくさん。

馴染みのある虫でも、いざ描いてみると意外と細部を知らなかったりする。

子どもから図鑑を借りて、ページをぱらぱら捲りながら。
お粗末な図解であれば、尚よろし。描き起こし甲斐もあるというものです。







petit

9月のライブに向けて、アニメーション作り始動。
これまた大きな作品なので、どっぷり頭のてっぺんまで浸からないと。

改めて本を読んだけど、素晴らしい。

でも本の二番煎じは、つまらないね。作者自身が掴もうとした、追い求めたなにかを、
こちらから独自に手を伸ばすことさえできれば・・・。

とりあえずラフをいっぱい描こう。






P1250569

東京の歯医者へ行ってクリーニング(今日の歯科衛生士さんはイマイチだった)
それから麹町に行って、古くなったカフェ看板を新しく。

「あい・ぽーと」「藍カフェ」の「Ai」だったけど、今や最先端な喫茶店に誤解されそう。まぁいいや。

夏休みとあって、チビーズと嫁さんをぞろぞろ引き連れて徘徊。
長いです、夏というやつは。






IMG_1220

この1ヶ月間、ずっと篭って挿絵。
飽きっぽい性格の自分にとって、もはや修行期間。

でもようやくラスト1カット。
魚をたくさん泳がせれば完成なのだけど、最後に残してただけあって、このカットやたら時間かかる。

ホレ、がんばれ。やれっ。

ふと、締切り仕事の数がちっとも減ってないことに目がテン。







IMG_1218

地元鎌倉にて、オープンカウンセリングの材料として、珍しく絵画。

様々なお悩み相談の潤滑油として、少しでもお役に立てれば・・・

という気持ちで手伝ったのだけど、受講者さん達の想像力が実にカラフルで柔らかく、
なるほど・・・と感心してしまう。

面と向かうのも必要だけど、こういう壁の跳ね返りを使うと、人は語りやすいのかも知れない。