image11

液晶タブレットを自慢してたものの、また小さなペンタブに戻ってる。
不思議なもので、少し不便でも身軽な方が好きみたいだ。

弓の名手・紀昌が、長い道を極めた末、弓さえ手放すところに、グッとくるタイプだ。
最後は弓が何だったかすら忘れてしまう、そのボケ感がまた、たまらない。


でもペンタブが何だったかは、忘れる自信がある。フロッピーディスクも。

忘れていくことに全力だ。







P1011835

友達から頼まれて、ヌードを描く。
3日前くらいから肩の荷が重たかったけど、とてもいい時間になった。

細かい感情の動きは、描いてる瞬間にばばばっと数多に湧くので、ここでは割愛。


真っ直ぐ、堂々と、描く・・・

それ以上はないと思った。






2020-10-18'

パソコン作業が続いて、目がしばしば。
イベント用に、過去の音楽絵本を動画に。クロマキー使ったりして、楽しいけど。

昔自分の作ったものを振り返ると、あっここ蛇足だな・・・とすぐわかる。
逆に意外と面白い部分を発見したりもする。

記憶では10歩進んだ気になってたものも、3歩進んで2歩下がる程度。


遅々たるも、進んでさえいれば、そのうちいいことあるさ。







IMG_0009

仕事がどんどん重なってくるので、ちょっとだけアトリエに避難。
心を静かにせんとね。

天台仏教の本を捲りながら、止観という言葉に目が止まる。

う〜ん・・・


身体って、長く運動しないと訛ってきたり、食べ過ぎると重たくなったり、
変なものに触れると肌が荒れたり・・・たぶん、心も同じなのかな。

なんか一瞬だけ、真理に触れたような気が・・・

仕事の山をぼんやり眺める、ココロ中年太りな僕。





P1001757

ゼロからなにかを作るのって、実は苦手。

筆を拭いたり下敷きで汚れた紙や布などが、周りに散乱しているなかで、
それらを上から絵にしていくことがほとんど。我ながら特殊だと思う。

真っ白な紙を渡されて「描いて」と言われても、何も浮かんでこない。

だから、やってることはリフォームに近いのか・・・
専門はリフォーム業者。

いつも跡形ないくらいリフォームするけど。






scene01

手書きのアニメーションをこつこつ描いてる。
動きのひみつのようなものに触れられるので、やってて面白い。

静止タイトルだけの依頼だったけど、ついつい・・・
もっといろいろ描きたいので、たぶん5倍くらいの尺になりそう。

これも、パントマイム仲間たちの人徳ですね。









P1001727

道路工事で車誘導してる人達に、一言・・・ジェスチャーが、自由過ぎ。

棒をワイパーの如くぶんぶん振る・棒を横にして前へ→全部止まれ
棒をぶんぶん回転・横を後方へ・棒を下へちょいちょい→全部進め

さっきは、頭ぺこぺこで棒を上にちょいちょい、左手は下ワイパー。
もう、ファンタジーだ。

きっと元々決まってないんだろう。独自の進化を遂げている。


今日は久しぶりに、あい・ぽーとへ。かれこれ半年振りだ。
イベントが数々飛んだこの春夏だったけど、またこれから少しずつ。

今後のイベント関係も、各々独自にやっていくしかないんだろうね。







P1001693

国立近代美術館へ行って、ピーター・ドイグ。
どれも大きいねぇ・・・

絵画とイラストの作品の違いって何ですか?と聞かれたことがあって、
返答に困ってしまい、苦し紛れに「大きさ」と答えたことがある。

我ながら間抜けな回答。
でも大きい絵って、それだけで特有のなにかを帯びてくる。いいなぁ、大きいの。


やっぱり、そろそろ倉庫・・・






P1001684

ちょっと暑さが落ち着いてきた。少しずつ。

ようやく、身体と頭が正常に戻ってくる。もう・・・雪になってほしい。
氷河期が来るとかなんとか、巷で言われてるけどさ。是非。

これから少しずつ、絵を取り戻していこう。

できることから、少しずつ。






09-15

先日の「音語りの色」ライブ映像のダイジェスト。こちらから
13分にまとめたけど、我ながら面白い企画だなと思う。

これから、いろいろな場所でやりたいけどね・・・

時の流れに任せるしかない。






P1001652

次に向けて動こうとしつつ、暑さに弱い僕は、なめくじのよう。
動きが実にトロい。塩を掛けられたら即死だ。

冷房をつけると、ネバネバは消えて、今度はアオムシのようになる。

でも、少し歩きやすくなってきたかも。いいぞ・・・


ホントは、人間なのに。






P1001647

チョキチョキ切りながら、ペタペタ貼って塗っていく。欠伸をひとつ。

・・・もしかして、ヒマなんですか?と尋ねられれば、
そうよ、と答えるしかない。

お仕事中にすみませんが・・・と声を掛けられたら、
うむ、と応えるだろうし。


どうも、こう・・・どっち付かずな午前中。

モーニング・ファジー中。






2020-08-18

先日のライブの有料配信は、8月30日までご視聴できます。

詳細は
こちらから






P1001582

長い山登りの末、朝7時にようやく新作アニメーションが完成。
ふぅ・・・終わったぁ。

そのまま乾杯したいところだけど、荷造りして渋谷へと急ぐ。

昼夜2公演なので、仕込みとリハはテキパキ。久しぶりの感覚だ。

〜 〜 〜 〜 〜

本番は、程良い緊張感のなか「音語りの色」無事に終了。
クタクタだったけど、濃密で素晴らしい時間だった。

メンバーがいいね。これ地方巡業とかしたいなぁ・・・






08-14

新作に没頭中。
この1ヶ月の長かった大山も、ようやく頂上が見えてきた。

もしかしたら、これは間に合うかも知れない・・・

このまま一気に登ってしまおう。


〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

まだ、お席もあるようです。

「音語りの色」2020年8月16日(日)
JZBrat SOUND OF TOKYO 渋谷セルリアンタワー2F
1st Open 13:30 Start 14:30/2nd Open 17:00 Start 18:00(各ステージ80分予定)
はたけやま裕(per) Keiko(p) maiko(vln) 蒲原 元(animation)Special Guest: 松尾貴史(朗読)


有料配信もやるそうです。
LIVE CONNECTION(〜8月30日 22:00まで)
・1st Stage
・2nd Stage