IMG_1218

地元鎌倉にて、オープンカウンセリングの材料として、珍しく絵画。

様々なお悩み相談の潤滑油として、少しでもお役に立てれば・・・

という気持ちで手伝ったのだけど、受講者さん達の想像力が実にカラフルで柔らかく、
なるほど・・・と感心してしまう。

面と向かうのも必要だけど、こういう壁の跳ね返りを使うと、人は語りやすいのかも知れない。








P1250564

一度描いたものを、清書するのが難しいなぁ。

手間暇かけた挙句、あれ?下描きの時の方が勢いがあって良いじゃない・・・これはかなり、虚しい。
プチ記憶喪失させて、心をもう一度ぎゅっと新鮮にして、改めてやってみよう。

こーゆうの50カットもやってるので、目と肩がヘンになります。

しかし・・・
締切りお仕事が8種類もあるじゃない。もう、こうなったらニコニコしましょう。







P1250557

いろいろとお仕事が忙しくなってくる気配。
でもアトリエにいる時だけは、静かにじっと考え事・・・

絵を描くってなに?とか未だに考えとる。

絵の子達も少し変化。
頭は再び丸坊主。ここがいちばんの変化か。





P1250537

腕を組んて、じっと立ってる時は・・・
大抵、頭が動いてしまってる。

逆がいちばんなのだけど。

考えたって、いいアイデアなんて出ませんよ。早く動きなさい。

違う、いい波を待ってるのです。






P1250532

時々、手で塗る。
左手で塗った方が、少しだけ気持ち良い。

イエローオーカーにバイオレットグレイを塗る時が、とくに気持ち良い。







P1250528

朝から快晴。空も透き通っている。
アトリエは風がひゅーひゅー吹き抜ける。

ラジオなどで、識者や文化人が話してることを聞きながら、筆を動かす。
社会のなかで何が価値なのか、それこそ刻一刻と移り変わってるんだな・・・と。

100年前は絵画鑑賞ってイケてる行為だったでしょう。廃れて久しい。
映画鑑賞でさえ遠のいていってる昨今。スマホもいつまで続くか。

目の前の120号キャンバスは、もはや壮大なアンティーク。
描きながら笑いが止まらん。








P1250531

このところ家にいる時は、ずっと挿絵のラフ。こつこつと。

外は雨。ザーザー降ってる。
挿絵って、雨の日にかなり捗る。諦められるというか。

諦めると、すごく楽しい作業。







P1250515

昔、学校のテスト中。先生が「はい、あと10分だぞー。出来るところから解いてけよー」
その何気ないフレーズが、いつも頭をよぎる。

この絵は・・・今じゃないな。この挿絵は、今ちょっと思いつかないな。
こっちの絵は、うん違う違う、今はムリ・・・

何も進展のないまま夜が明けたりして、愕然。よくあること。

でも、今朝はこの絵が解けた。
あと5時間くらいあれば、答えが出せるでしょう。







P1250491

絵を描いてるって、やはりどうかしてると思う。

仕事や展示予定があるならまだしも、手ぶらで描き進めるのは、純粋に可笑しいと思う。
20年以上続けてきて、いまさらだけど。

いいオトナが、目細めて、腕組みして唸ったりしてる。

可笑しいよ。







P1250458

写真スタジオにて、絵画の嫁入り。
僕の大好きな方々と空間なので、親としてこれ以上の喜びはない。

去年嫁いだ子も、気持ち良さそうに壁で暮らしている。

珈琲をいただきながら、ゆっくりお話。
ここ住みたいわ・・・







P1250453

筆についた絵具を拭うとき、揮発性油になじませてからトントンとする。

しかし僕の場合、別のキャンバス上でトントンやってしまう。
こんな絵画指導は絶対ないと思うのだけど。密かに薦める。

この何気ない無垢な色染みが、後々、その作品を助けてくれたりする。

洗いながら、描く。ちょっとした偶然も仲間に。








P1250438

スプリングコンサート2回目も無事に終了。
もうスタッフとチームワークが出来上がってるので、準備から片付けまで実にスムーズ。

たくさんの親子連れが楽しんでくれたようで、ひと安心。

しかし、今日は外が暑かった・・・
サマーコンサートですね。