台風一過

P1250708

散らばった落ち葉などを掃除しながら、庭で一服。
なんかいつもと様子が違うなと・・・思ったら案の定、庭の大きなモミジの樹。
上3分の1が、バキッと折れたまま引っかかってる。これは危ない。すごいな風の力って。

枝とはいえ、かなりの重量があるので、よく考えなければ・・・
長梯子で登って枝に切り目を入れ、2階と1階から慎重にロープで。
息子達と3人でリポビタン
DCMの如く。

しばし格闘の末、無事に成功。いやいや、いい汗かいた。

蚊には200回くらい刺された。







銀河鉄道の旅

P1250651

岐阜・大阪・名古屋と巡業の旅。

岐阜では光宗寺でライブをして、そのまま1泊。
お寺の皆さん、地域の方々の温かいおもてなし。実に素晴らしい。

子ども達も境内で遊びまわり、ゆったりして開かれた空間。田んぼに囲まれながらも、人が自然と集まる場所だ。
ご住職の人柄と哲学の賜物なのでしょう。


P1250655

このお寺のような「中立」の空間って、
隙間のない世知辛い昨今、とても貴重に思えます。







TEQUILA

P1250630

友人と久しぶりにアトリエで飲む。
人生の難しさはさておき・・・、そろそろ一緒に面白い仕事したいなぁと。

するでしょうね。そういう流れですから。

お土産は、珍しいテキーラ3種。
どれも甲乙つけ難い美味しさ。







夜は深く

P1250624

家でゆっくり飲む。
タイ料理をメインに、炭火焼きなども。殆ど作ってもらった。美味しい、楽しい。

舞台演出家、パントマイミスト、バレリーナ、臨床心理士、寺僧、画家。
ちょっと、どうかしてる組み合わせで盃を交わしたけど、思った通り良いハーモニー。

ボルトだけが、大事なところでワンワンうるさかった。
そろそろ日本語覚えなさい。






プール

P1250597

チビーズはプールが好き。
僕はキライだけど、諦めて入ってみると結構気持ちいい。

びしょ濡れのまま、そのまま庭の雑草刈りをする。
虫も寄ってこないし、最初からびしょびしょだし。

この雑草刈りの仕方、正解。






真夏

IMG_1225

嫁さんと、葉山へお墓参り。たまには静かでいい。

このところずっと天気は、夏。
海の青と入道雲の白。サーファーの黒。

車で七里ガ浜から由比ヶ浜、材木座、逗子海岸を眺めつつ。
頻繁に海を見てるくせに、まったく海遊びしないよなぁ・・・

じいさんになったら、ヨットしようかな。






P1250587

子ども達だけで、修善寺のお家へお泊まり。

それぞれ自分で荷造りして、いざ出発。僕は改札まで見送り。
旅はちょっとした独立心。どの電車に乗ればいいか、よーく考えなさい。

いやはや・・・時の流れは・・・。
そのうち、外国とか独りで行っちゃうのかもね。






日光

P1250585

今年もまた日光の霧降高原へ。
涼しいし、美味しい食事も出るし。もう何も言うことなし。

子ども達はご両親とプールで遊び、僕は部屋でコツコツと仕事に集中。

〜 〜 〜 〜 〜

家に帰ってくると、猛暑と日常。
これは・・・心身共にしんどい(笑)






送り火

IMG_1211

仏さまが2泊3日でウチに泊まりに来るから、部屋を片付けなさい。

と子ども達をしつけながら、ふと思案。
じゃあ「仏さま」ってそれまでずっと空の上にいるのだろうか・・・

無から生まれて無に帰るのが命だとすれば、この仏さまでいる期間ってどのくらいなんだろう。
永遠だと、次に生まれ変われないし。

でも、とりあえず先ほどチェックアウトして行かれたご様子。

ナスとキュウリの馬に乗っていくアイデアは、素晴らしい。






食事

IMG_1200

食べる。
毎日。毎日。

10年以上、食べる姿をずっと見てきている。


L1010400

うどん1玉あれば3人食べれた頃。
今は5玉です。






P1250524

庭の梅がたくさん実って、いい香り。
2週間前に着けたシロップを、焼酎にひとたらし。うまい。

熟した実を輪切りにしたのも浮かべる。瑞々しくて、すももの香り。
グラスの底のやつを食べると、オトナの美味しさ。何故今までしなかったんだろう。

・・・青梅って、微毒成分があるよ。
と横で言われ、うそん・・・こんな美味しいのに?

調べたら、確かに微量だけど入ってる。
甘酸っぱい、一杯だけの思い出。







mill

IMG_1191

ステンレス製のミルが壊れてしまって、はや3年。
挽いてある粉で、ずっと我慢してた。便利よね、などと自分を慰めながら。

ところが、ふと一目惚れ。
欧州の消火栓のような、R2-D2のような、灯台のような、コーヒーミル。
持ちながら回せるタイプが好きなので、もうこの子しかない。

豆を何種類も用意して、その時の気分でコロコロ混ぜ合わせて、ゴリゴリ挽く。

前より美味しくなったかは、わからない。でも毎日楽しくなったのは事実。