IMG_0355

朝から爽やかな気候。風も涼しく、山からウグイスやヒヨドリの鳴き声。
一年でいちばん気持ち良い日かも知れない。

自宅とアトリエを、自転車で2往復した。
午前中はたくさん描けたけど、午後はからっきしだった。

流れがあるから、これも自然なこと。






読書

IMG_0352

都心へ行くことが多いので、移動中の電車の時間って大きい。
今まではヘッドフォンで音楽やラジオを聴いてたけど、こう連日だとさすがに飽きる。

小説が、ちょうどいい。

まず夏目漱石から始めてる。
自分が若い時は「歴史的文豪に挑む」「己にとって糧になる作品かどうか」など穿った読み方してたと思う。

でも今読むと、純粋に面白い。よく考えると、小説を書くって凄く不思議な行為だ。まあ、絵もね。
人間の、その変さが、なんとも言えず面白い。

あっという間に、駅に到着。






日本酒

IMG_0328

音楽絵本のリハーサルを終えてから、代官山で途中下車。
写真家の友人宅へ赴いて、子ども服のおさがりをいただきに。

ちょっと立ち寄る予定だったものの、すぐ話に花が咲く。写真と絵のお話は尽きない。
気づけば、美味しいこだわりのお酒と肴に舌鼓。さっと出てくるセンスが、素晴らしいね。

いやいや・・・大人っていいもんです。






蕎麦

IMG_0313

蕎麦屋に行く回数が増えた。年を重ねるごとに。

お墓参りの帰りに、葉山にあるお蕎麦屋さんで昼食。ここはとても美味しい。
荷物が重くて、水戸から何もお土産買ってこれなかったので、嫁さんと少し贅沢を。


IMG_0326

夜は、次男の8歳の誕生日祝い。
どうやら留守の間、子ども3人だけで江ノ島まで冒険したらしく、なんか一気に成長していた。

やっぱり旅は大切。『責任』を持たせると、子どもはぐっと伸びる。・・大人はふっと老ける。
いや、伸びる。






BBQ

IMG_0278

GWは、毎年どこにも行かない。
大体は家で地味に仕事してるか、あるいは庭でバーベキューする。

今日は昼から近所の友人家族と、まったりと過ごす。
ソーセージやサバを焼いたりしながら白ワイン。すでにゴールデンな気分。

5月は気候が素晴らしい。






来客

P1230798

遥々、フランスからお客さん。コントラバス奏者。
初めて会ったけど、とても謙虚で素敵な親子だ。ウチで3泊しながら鎌倉をいろいろ散策している。

ライフスタイルがシンプルでタフ。
僕も向こうにいた時は、そうだったなぁ・・・

子ども達とボルトは最初緊張してたけど、もう馴染んでる。






大磯

IMG_0265

両親とランチをするため、大磯へ。
洋館のようなイタリアンで、ゆっくりと食事。

次の仕事まで少し時間があったので、大磯の町をぶらり散歩。

初めてだったけど、風が気持ちよくて静かで、いい町だ。
島崎藤村の家もなかなか趣があってよろしい。






家飲み

img_111111

この土日、3連続でお客さん。
家に人が来た時は、お酒を飲みながらゆっくりと料理を食べてもらう。

じつは料理準備って、殆どしない。相手の顔を見て、次なに作ろうか考える。
だから何人来ても、ほとんど疲れない。ムーミンママのスタンスだ。

酒前にウコン飲むこと覚えたので、翌朝もまったく元気。







入学式

IMG_5725

気がつけば、姫も1年生。新しいランドセル。革靴。
おしめ一丁で走り回ってるイメージが強かったけど、まあ成長するのね。

でも、おチビさんにとって学校って大変だろうな・・・。社会性というものがどんっと。

まあ適当に伸び伸び遊びなさい。それで充分。






修善寺

L1013151

夜通し集中して、なんとか無事に音楽絵本が仕上がる。そのまま車に乗って修善寺へ。
1泊だけだけど、ゆっくりと実家で過ごす。

ワインを飲み、食事を頂き、それから公園へ行ってボルトをドッグランに放ち、子ども達も放ち。

伊豆も桜が満開で、久々に春らしい休日を過ごす。







風邪

IMG_0247

珍しく、風邪を拗らせてしまった。いやはや・・・

2段ベッドの下でずっと見えてたもの。このビスの打ち方、こんなに歪むもん・・・

高熱でうなされると、妄想の会話がずっと続いたり、ぐるぐる情景が回り続けたり
寝たら寝たでカラフルな夢ばかり見るし。実に濃い3日間だった。最後は11時間も寝た。

今はなんか、うぶ毛の生えた子猿のような気分。






弁当

L1013141

幼稚園の娘の弁当作りも、あと2回。
子ども3人振り返ると、7年間も毎朝作り続けてきたのか。ちょっと引く回数・・・

大体、いつも同じ。凝ったことはなんもせん。
卵焼きと練り物と野菜炒めなど。姫はカニカマが好物なのでいつも。
ごはんの上には、しそわかめ。プリキュアふりかけの時もある。

残りの卵焼きは、そのままぱくっと食べたり、足元でお座りしているボルトへ。