Jul 2020

打ち合わせ

P1001551

スパークリングワインやビールや赤ワイン、前菜盛り合わせや肉料理などいろいろあった。
でも撮った写真は、デザート後のこれだけ。そこがいいじゃない。

だからよく「えっ今から撮るの?」と言われることが多い。

他によくあるのは、
「えっまだ携帯持ってないの?」
「うそっ家にテレビないの?」
「へー車の免許持ってないの?」
「あらっ、今からアトリエに行くの?」

いろいろと驚かれる。


「えっ今からアニメーション作るの?」
これは、自分の声。





白旗神社

P1001541

家とアトリエと、ちょうど三角地点のところにある神社。
ちょっと自転車を降りて、お参りでもしてみよう。

よく見ると、源義経が葬られ主祭神とされてる処じゃないか・・・
今読んでる本で活躍中のキャラなので、なんか有名人の家を発見してしまった気分。


鎌倉と歴史に対する疎さを、ひしひしと感じている四十四の夏。







読書の夏

P1001538

ずっと梅雨・・・

つらつらと平家物語の頁をめくっている。

平安末期はやはり慌ただしいね。方丈記でもそうだったし。
地球がごろんと寝返りしてるみたいに、地上でいろいろな災が続く。

思ったのは、物語のなか人々がまあ、次から次へと出家する。
世に耐えられなくなると、すっと頭を丸めて、寺だ。

とても合理的なシステム。





天日干し

P1001502

グリム童話には、よく森が存在している。
深くて暗くて、不安の象徴、そして実社会とも受けとれる。

そこを純潔な少女が、彷徨ったりするのだ。
古い樹木や枝が行手を覆い、黒烏や獣が陰から目を光らせ、妖しい泉が誘惑の手招きをする。

長いの葛藤の末、ようやく森から抜け出る。
そこは明るい光に照らされ、傘や座布団や椅子や洗濯物などが。


そろそろお盆なので、干しとかないと。 






Lunch

IMG_1463

ようやく学校給食が再開。長かった・・・
この4ヶ月間、ずっと賄い料理人だったので、久しぶりに嫁さんと外ランチ。

横浜中華街で台湾料理。
このアサリ、美味しいなぁ・・・たぶん豆豉味噌がポイントなのかな。

帰りに中華食材店で、調味料や冷凍雲呑など、いろいろ買い揃える。


結局、家でまた作るのか。