Aug 2020

雲模様

P1001655

近頃、雲のカタチや色が個性出してきてる。
そのまま絵で描いたら、神経質な先生から「そこの色彩違うよ」と指摘されそう。

昔、世界各地の子どもが描いた絵を見たとき。
モンゴルの子どもの絵は、雲が四角だった。

お、斬新だなぁ・・・と感心したけど、もしかしたら本当に四角なのかも。


いろいろヘンテコな絵が、世にはたくさんあるけど、
いや、これは実際、ホントなのだ・・・と念じながら見てみよう。






避暑

P1001635

道志川の上流で、ぼ〜っとする。
ぼ〜っとするために全力を注ぐ。

沢の水はひんやりと冷たく、ウイスキーをちびちびやりながら、山風に身を委ねる。

火の扱いはチビーズに任せることに。意外と上手だ。


P1001587

ボルト氏は、ぼ〜っとする職人なので、今回は彼に見習う。

何もしない。









Wine

P1001573

パソコン作業でヤギの目になってると、ピンポーン・・・(うるさいなぁ)

昔作ったロゴマークのお礼に、マキコレワインがたくさん届いた。
これは、嬉しいサプライズ。

またこのラベルが、すごくカッコイイ。
かろうじてアマビエだと認識できる。そこがいい。

栓を抜くべきか否か、すごく迷ってる。






Pool

P1001572

レンダリングの合間に、庭の膨らましたプールへ。

チビーズがきゃーきゃーやってるので、単細胞共め・・・と蔑んでたのだけど、
いざ足を浸してみると、思いのほか、気持ちが良い。

というか、最高だ。
仕事してる僕の方が、阿呆ぅに思えてくる。


これだから、夏はイヤなんだ。







脱皮

IMG_2697

庭に出て、ぼ〜っと一服してたら、ふと目の前に。

これはこれは、また大胆に・・・

一皮剥けるって、良い比喩で使われている。
実際に、ヒトも脱皮できたらいいのに。

「掘都専務いらっしゃいますか?」「申し訳ございません、只今脱皮中でして・・・」

脱皮後は、お肌ツルツル。元気いっぱいだ。

でも抜け殻は、かなりの大きさ。
資源ごみか粗大ごみの日だな。