Dec 2022

大晦日

P1045940

大晦日は、いつものように静か。
独り台所で酒をちびちび、鯛を煮る。いつもの鯛の煮凝り。

昼間本屋へ行った時に、すれ違った女性。手には文庫本が2冊。
サリンジャーとヘッセの『デーミアン』・・・う〜ん。

きっと彼女も今頃、台所で鯛を煮てるに違いない。


オタマ片手に日本酒を啜りながら、ふと一年を振り返ってみる。
・・・あまりよく思い出せない。まあ、生きてることに感謝しよう。

ところで、ディケンズの『二都物語』。
これがまた、びっくりするくらい面白かった。つい大人買い。







西湖

P1045881

富士五湖のひとつ、西湖へ。
ロッジを宿に、辺りをゆっくりと散歩する。気温は氷点下だ。

6年前ここに来た時は、ボルト氏が森で大脱走して散々な目にあったので、
ここの記憶が殆ど無いのね。あぁ、西湖ってこんな良い処だったんだ、と。

大変だった記憶って、消えるのだ。


山を幾つか越えた処に、アーチェリー小屋を発見。やってみよう。

P1045904

長男が抜群に上手い。遠くからでも、ばしばし真ん中に纏まって入る。
性格がおおいに関係する種目らしい。確かに彼に合ってる気もする。

天文学者。または弓の達人。

まあ、好きなことやればよろし。







真夜中の読書

P1045853

サンタがプレゼントをこっそり届ける、という芝居はいつまで続くのかね。
家庭内でコソコソ出来ない性なので、毎年ながら困っている。

茶色いヒトは、そんな気苦労も露知らず、ぬくぬく寛いだまま。

バレない(バレとるけど)時刻は夜中2時頃。それまで読書で耐え忍ぶ。
ディケンズは、とてもいいね。骨太で描写に奥行きがある。

フランスとイギリスを行き交い、豪華な宮廷や素朴な農村を渡り歩く。


・・・ん、もう3時過ぎじゃない。







読書

P1045816

淀川のチョーさんは、いいね。読んでると映画がもっと好きになる。
1910〜20年代の名作、これからいろいろと物色してみよう。

あと、山本茂実の「あゝ野麦峠」これはホント読み応えがあった歴史文学。
来年『音語りの色』でも取り上げるので、また後日詳しく。

J.D.サリンジャーの短編集も読み進めたけど、う〜んイマイチわからない。
ところが、最後の一遍だけ、びっくりするくらい面白かった。

ちょっと、何か開眼してしまうかも・・・参ったね。







天体

IMG_2587

誕生日に何が欲しいかを訊くと「天体望遠鏡」と答える長男。

よほど気にいったらしく、それ以来こつこつと覗いてる。

樹の枝も伸びてきたし望遠鏡の視界も広げたいので、皆で剪定作業。
梯子で樹の上部へ行くと、虫になって登山してるような気分。


IMG_2583

50倍と低い倍率だけど、月のクレーターもはっきり見えるね・・・

夜空の天体を眺めるのって、人としてなかなか良い行為だと思う。